免疫細胞療法

がん免疫細胞療法は、ひと本来が持つ免疫システムでがんを撃退する、身体への負担の少ない治療法です。

がん免疫細胞療法は、自分自身に備わっている”免疫システム”によってがんと闘い、克服を目指す治療法です。
免疫には主に2通りあります。
予防接種のように攻撃対象を記憶させることで得る免疫を「獲得免疫」、異物なら何でも撃退する生来の仕組みを「自然免疫」と言います。
東京キャンサークリニックが採用しているがん免疫療法は、獲得免疫で特定のがんを攻撃する「多価樹状細胞ワクチン」と、自然免疫を強化する「活性NK細胞療法」「活性NK/NKT/γδT細胞療法」です。
患者さまに合わせ、これらをハイブリッドに組み合わせて治療を行っています。
いずれの治療方法も、正常細胞は破壊せず、がん細胞だけを狙い撃ちする「分子標的療法」です。
患者さまご自身の免疫力によって細胞レベルでがんを攻撃するため、副作用はほとんどなく、QOL(生活の質)を維持したまま治療を続けることが可能です。

がん免疫細胞療法(細胞標的療法)の特徴

  • 患者さまご自身の免疫力で撃退するため副作用がほとんどありません。
  • 入院の必要はなく、通院のみで治療できます。
  • 患者さまのQOL(生活の質)を保ちながら治療を続けられます。
  • 手術、放射線治療、抗がん剤治療などと併用しての治療が可能です。
  • 浸潤のあるがん、進行性や末期の患者さまも効果が期待できます。
  • 再発・転移の予防が期待できます。