がん治療

主侍医として、患者さまの生活や将来を考慮して答えを出すこと。

がんという病気の性質上、治療の過程や予後を通して一貫した治療計画を組み立てる必要があります。
がんは百人百様。たとえ同じ病名・同じ重症度でも、個々の患者さま・個々のがん細胞によって適した治療方法は違います。
また、がんを細胞レベルでみると遺伝子の壊れ方や発現している分子の種類や有無も異なり、がん細胞の多様性に応じた治療が必要になってきます。
更に、ライフステージによっても選ぶべき治療方法は異ってきます。

個々の患者さまを主体として治療を行うためには、患者さまと病気とを理解し、専門医と協力しながら、治療戦略の全体を話し合える「主侍医」が必要です。それは臓器や治療法ごとに診療科が分かれる現状においても重要であると考えます。

東京キャンサークリニックは、あなたの主侍医として、治療に向き合います。

遺伝子レベルでがんの特性を把握し、今見えていない「がん」も診ること。

東京キャンサークリニックは、今診断されたがんの治療ばかりではなく、まだ画像には映らない、血管などを循環する微細ながん細胞やがん幹細胞をも標的に治療する必要があると考えています。

当院では、画像診断やバイオマーカー検査に加え、必要に応じてがんの遺伝子診断や各種リキッド・バイオプシーを取り入れています。
詳細な検査をすることで、個々のがんの性質〜癌化した原因、再発・転移の可能性、薬への対抗性質や副作用の可能性〜を理解して治療戦略を立て、根本的な治療を行います。
また治療の効果・経過も各種検査で確認し、逐次治療にフィードバックを行う体制を整えています。

患者さまの状態から論理的に治療方法を組み合わせ、個別の治療戦略を立てること。

東京キャンサークリニックは、病気と患者さまの情報に基づき、ベストな治療戦略をアルゴリズム(治療の流れ)の中へ組み立て、治療の経過を見ながら、治療効果が高まるように分析し治療戦略に反映していきます。

個別化されたがん治療は、病名で治療法を選定する医療とは一線を画します。
治療の核となるのは、がんを死滅・除去する4大治療「手術」「化学療法」「放射線治療」「免疫細胞療法」を用いた局所治療と、全身治療の組み合わせですが、必要に応じて「サポーティブ・テラピー(補助的な治療)」や「サポーティブ・ケア」を組み合わせます。
サポーティブ・テラピーやケアの目的は核となる治療の効果を高めること、あるいは痛みやストレスの軽減、患者さま自身の体力回復、QOL(生活の質)の向上などです。

東京キャンサークリニックは、効果が実証された方法であるならば、西洋医学・東洋医学・先進医療の枠を超え、食事や生活の工夫も組み合わせて治療プログラムを構築します。
患者さまのために個別に組み立てるパーソナルな医療です。

検査案内

治療案内