手術・抗がん剤・放射線治療

病状と身体的問題をもとに治療をご提案いたします。

がん治療には、患者さまの病状や身体的問題により優先すべき治療の順番と、主軸となる治療との相互作用を考えた様々な治療との組み合わせがあります。
東京キャンサークリニックでは、一般的な検査に加えて、必要に応じてがん遺伝子検査等の各種検査によってがんの情報を分析収集し、一人ひとりの患者さまにとってより良い治療戦略を組み立てます。
また、がんの情報のみならず、患者さまのライフスタイルや生活環境、人生観等さまざまな情報をもとに治療を計画し、予後・転移・再発の予防を含めた治療の全体を患者さまと話し合いながら進めていきます。

東京キャンサークリニックでは、主に「がん免疫細胞療法」とサポーティブ・テラピーやケアを行っています。
手術や化学療法、放射線治療が必要と判断される場合は、独自のドクターズネットワークを活用し、信頼できる専門医(実績ある医師個人)や医療機関をご紹介することが可能です。
また、現在他院で治療をされている場合には、担当医師と連携して治療をすすめることも可能です。

手術

「がん」の状態や臓器、患者さま自身の体力などの条件が揃えば、手術での切除を薦めることがあります。
信頼できる医師の紹介をしたり、現在担当されている医師と連携して治療を進めます。

すでに手術が決まっている場合もご相談ください。
東京キャンサークリニックでは手術と術後の経過をサポートするケアやQOLをサポートする治療を行っています。また、手術によって摘出されたがん組織の保管、転移や再発防止のための治療など、治療効果を高めるためのご相談も行っています。

抗がん剤治療(化学療法)

小細胞肺がん、膵臓がん、悪性リンパ腫など、病状・病期により抗がん剤が有効な症例については、化学療法を第一に薦めることがあります。当院のドクターズネットワークを活用して、信頼できる医師を紹介したり、主治医がいらっしゃる場合はその医師と連携しながら進めていきます。

当院ではがんに対する休眠療法(メトロノーム療法)も行っています。そのため、当院で低用量の抗がん剤を処方することがあります。
メトロノーム療法は、がんを完全に死滅させる高用量を用いる従来の化学療法に対し、低用量を一定間隔で定期的に投与することで、がんの増殖を抑えることを目的としたものです。メトロノーム療法により新生血管の抑制や免疫抑制を解除することが報告されています。治療期間はバイオマーカーなどで様子を見ながら4週間を1クールとします。
副作用は従来の化学療法のような脱毛や消化器系副作用はなく、稀に、倦怠感や疲労感の症状がでる場合があります。
費用は、処方箋料1,100円となります。薬は処方の種類によりますが1~2万円程度調剤薬局にてかかります。

また、当院では化学療法の効果増強や副作用軽減のための補助的な治療を実施しております。例えば、温熱を利用した治療との併用は、抗がん剤の治療効果を高めることが期待されます。

※当院は自由診療にて治療を行っており、健康保険適用外のため全額自己負担となります。
※補助的な治療(サポーティブ・テラピー、サポーティブ・ケア)、温熱を利用した治療につきましては、「治療案内」のページから詳細をご確認いただけます。

放射線治療

放射線治療は、がん組織に放射線を照射して死滅させる局所的な治療方法です。肺がん、脳腫瘍、骨転移がんなどについては放射線治療を第一に薦めることがあります。

放射線治療は照射したがん細胞に局所的にはたらくため、再発や転移が心配される場合には全身的な治療(体に備わる免疫機構を利用した治療や抗がん剤)を併用した方が良いと考えます。
また、免疫機構を利用した治療の効果を高めるために、放射線治療によってがんを弱らせておくことが望ましいケースもあります。

東京キャンサークリニックでは、個々のがん・個々の患者さまに合わせて治療戦略を立て、放射線治療の必要がある場合は、信頼できる専門医をご紹介いたします。
またQOLを上げるための補助的な治療など、担当医師と連携しながら治療効果を引き出すためのサポートを行います。

※当院は自由診療にて治療を行っており、健康保険適用外のため全額自己負担となります。
※免疫を利用した治療、QOLをサポートするなどのサポーティブ・テラピーにつきましては、「治療案内」のページから詳細をご確認いただけます。