サイトカイン療法(幹細胞上清療法)

成長因子などのタンパク質を利用した治療

私たちの体は、ケガや病気などで損傷した細胞や、老化した細胞を入れ替えるために、幹細胞という親玉の細胞が新たな細胞を生み出し、補充しています。幹細胞は骨、皮膚、血液、神経、心筋などのさまざまな細胞に分化する能力があります。

サイトカイン療法とは、幹細胞が分泌する様々な成長因子などのサイトカインを投与することにより、自己修復力を引き出し、老化や損傷した組織の再生を目的とする新たな治療法です。幹細胞そのものを使用するものではなく、幹細胞の培養液(上清)に含まれる成分を使用しますので、セルフリー再生医療とも呼ばれています。

ヒト乳歯歯髄幹細胞由来のサイトカインを精製・濃縮

体の中には組織のそれぞれの場所に、骨髄幹細胞、脂肪幹細胞、歯髄幹細胞のように、さまざまな種類の幹細胞が存在しています。

なかでも乳歯歯髄幹細胞は増殖率が高く、乳歯歯髄幹細胞培養上清には細胞の活性を促す様々な成長因子などのサイトカインが豊富に含まれています。これらは抗炎症作用、血管新生、体内の幹細胞を誘導する機能などが期待できます。

当院のサイトカイン療法では、ヒト乳歯歯髄幹細胞の培養上清を精製した濃縮液を使用しています。
上清を精製しているため、幹細胞、死細胞、死細胞からでたタンパク質、細胞の老廃物、亜セレン酸、フェノールレッド、抗生物質は含まれておりません。

対象になる症状および病状

脳梗塞後遺症・アルツハイマー型認知症・心疾患・肝疾患・肺疾患・糖尿病・関節リウマチ・アトピー性皮膚炎・花粉症・皮膚などの組織老化

アンチエイジング効果も期待できます。

治療の流れ

1.初診

患者さまの病状や治療歴、現在の身体的情報などを詳しくお伺いし、サイトカイン療法についてご説明いたします。患者さまと相談しながら、投与方法や治療スケジュールを決めていきます。

2.投与

点滴による投与。通常、1~2週間間隔で4~6回を1クールとします。
症状に合わせて治療回数、治療間隔、投与量を調整します。

3.経過観察

治療効果は通常数週間から数か月かけて、徐々に表れますが個人差があります。
治療後3ヶ月間は概ね月に一度程度、異常のないことを確認するために通院していただきます。

副作用

治療後、稀に熱感、発赤、発疹、掻痒感、皮下出血などの症状が一時的に現れる場合がありますが、ほとんどの場合、数時間から数日で消失します。気になる症状が出た方は医師までご相談ください。

治療前の注意点

アトピー性皮膚炎、花粉症などの既往症、症状がある場合は事前にお知らせください。

治療費

(税込)

初診料 5,500円
点滴 220,000円(1回)
※1クール(6回)1,320,000円

※血液検査等の検査費用は、上記に含まれておりません。
※健康保険適用外の診療のため、全額自己負担となります。
※価格は技術の進展とともに、予告なく変更する場合がありますことを、予めご了承ください。